加志保ノ女
평가: 0+x
blank.png
CE46.jpg

収容以前のSCP-040-JP

項目番號: SCP-040-JP(舊名加志保ノ女)

項目等級:

特別收容手續: SCP-040-JP、SCP-040-JPに覆ひ被す樣建てられたる收容棟内部に收容せられたり。收容棟第捌壹貳零基地の管轄に置かれたり。收容棟に入れる際は、決𛁈てSCP-040-JPの内部を視認する事なかれ。若𛁈SCP-040-JP内部を見る必要の在る場合、必ず寫眞機を通𛁈て確認𛁈、直接肉眼にて視認する事なかれ。直接見る必要の有る場合のみ、D級職員に視認せ𛁈むべ𛁈。曝露せる職員との意思疎通はせず、此方ゟ一方的に指示を與ふる迄に留むべ𛁈。

說明: SCP-040-JPは、██縣の舊██村に放置せられたり𛁈、井戸小屋なり。小屋は木造なりて、幅約貳歩伍尺、奥行き貳歩壹尺程の平屋なり。小屋の中央には古き年代に造られ𛁈と推測せらるゝ石造の井戸在り、真直に地下へと續けり。井戸は異常に深く、探査機に依る調査にても此の井戸が何處迄續けりやは未だ不明の儘なり。

元〻小屋は鐵鎖と複數の南京錠にて固く施錠せられたれども、劣化に依り壊れ侵入の能ふ樣成れり。SCP-040-JPは████年の事案[編輯濟]に依り収容に至りき。

警告: ████年の事件-040-JP-いの發覺後、以下の文章は對ミーム豫防措置無𛁈の閲覽の禁止せられたり。擔當者は必ず第捌壹貳零ノ煤区域にて処置貳伍參-「柳煤」を受けよ】


【文章此處迄】

事件報告040-JP-001: 19██年██月██日、この報告書の影響と思われる大規模なミーム災害がサイト-8120で発生しました。報告書提出時点で執筆した職員、並びに受理した上位職員がSCP-040-JPのミームに曝露して居た物と考えられています。曝露した職員は記憶処理或いは解雇処分が為されました。これ以降報告書提出の際は全て対ミーム処置1を経由させる事が決定しました。